RealPath:
WebPath:
2016/11/08 17:47 (JST) 更新
チュートリアル的なもの >>

Twitter 連携準備

Contents

ASP.NET MVC プロジェクトでは、実は既存ソースコードをちょっといじるだけで Twitter 連携を組み入れることができます。
(Twtter 以外にも、Microsoft、Facebook、Google等と簡単に連携する仕組みが備わっています)

このページでは Twitter 連携をするための準備作業(Twitter におけるアプリ作成と各種キー値取得)についての説明します。

Twitter アカウントへの携帯電話番号設定

最近だとセキュリティが厳しくなっていて携帯電話番号を Twitter に登録してないと Twitter 連携用のアプリ作れないみたいです。
登録していない場合は以下から携帯電話番号を登録しておいてください。

Twitter アプリ作成

https://apps.twitter.com/ で Twitter アプリを作成します。

[Create New App] ボタンからアプリ作成画面を開く。
img--500--size

各種情報を入力。基本的に全部埋める必要があります。
img--800--size

  • Name
    • 認証時にユーザに表示される名前。ユニークである必要がある。
  • Description
    • 認証時にユーザに表示される説明。10文字以上であれば何でも。
  • Website
    • 認証時にユーザに表示されるサイトURL。本当は(ユーザの信頼を得るために)ちゃんとした情報を入れるべきだが、適当でも認証は通る。
  • Callback URL
    • 今回の処理には使われないが、入れておかないと認証エラーになるので適当な URL を入れておく。

 
アプリができた。
img--800--size

各種キー値取得

Keys and Access Tokens というタブを開くと Consumer Key (API Key) と Consumer Secret (API Secret) が表示されます。
img--800--size

※本当はこのキー値は他人に公開したらマズいものです。この画像はサンプルとして表示しています。(既に無効化してあります)

この Consumer Key (API Key) と Consumer Secret (API Secret) を Twitter 連携の組み込み時に用いることになります。