RealPath:
WebPath:
2017/05/21 20:09 (JST) 更新
Azure >>

SQL Server データベース作成

Contents

Azure の管理画面 ( https://portal.azure.com/ ) にて作業を進めます。

SQL Database / SQL Server の作成

左サイドメニューの「SQL databases」を選択。(これが見つからない場合はヘッダ部の虫眼鏡アイコンから「sql」で検索すると良い)
img--600--size

 
SQL databases 画面にて「Add」を選択。
img--400--size

 
データベースの各属性入力欄が出るので適宜入力していく。この中の「Server」をクリックすると SQL Server の設定画面が開く。
img--600--size

 
今回は新しく SQL Server を作るので「Create a new server」を選択。
img--600--size

SQL Server の各属性値を入力し、「Select」を押すと SQL Server が確定。
img--600--size

 
SQL Server が設定通りに変更されたことを確認。
img--300--size

 
Pricing tier で適当にスペックを選択(これは後からでも変更できるが、とりあえず最初は安い Basic にしておくと良いと思う)し、「Create」を押せばデータベースと SQL Server の構築が始まる。(Collation はデータベース内文字列の照合順序を規定するが、最初はあまり気にしなくて良いと思う)
img--300--size

 
データベースの作成が始まると「SQL databases」のページに戻る。しばらく(1分くらい?)経ってから「Refresh」ボタンを押すと、今回作成されたデータベースが一覧に現れる。
img--600--size